最新版!特に人気が高い長財布のランキング

今女性ばかりでなく、男性のあいだでも人気の長財布。

 

「余裕ある大人の男性」をアピールできて、
さらに使い勝手がよいのが人気の理由です。

 

このサイトでは人気の長財布を紹介するとともに、
長財布の選び方やメンテナンスの方法などを解説しています。

 

人気ショップランキングBEST3

 

最近のトレンドでは、
男性向けで人気があるのは「革にこだわった高級皮革の長財布」です。

 

女性の場合はグッチやプラダ、ヴィトンなどの高級ブランドが人気ですが、
男性だと、あまり露骨な高級ブランド嗜好は嫌われる可能性があります。

 

そこで数年前から人気が出てきたのが、
コードバンやブライドルレザーなどをはじめとする、高級な革を使った財布です。

 

デザイン的にはシンプルなモノが中心で、
「ゴテゴテしい見た目よりも、革の素材感で大人っぽさを出す」というのが定番!

 

このようなトレンドの中で、今特に人気が高いショップBEST3を紹介します。

 

ココマイスター


口コミなどで人気が高まり、今最も注目を集めているショップが、
「ココマイスター」です。

 

評価されている理由は、全ての財布が一つ一つ革職人の手で作られている、ということ。しかも、使われている皮革は、海外のタンナーから厳選して仕入れているものだそうです。

 

シンプルで考え抜かれたデザインにも職人気質を感じます。革の質感を良く活かしてあるため、存在感は抜群。シルエットや手触りは、まさに大人のための長財布だな、と感じさせてくれます!

 

皮革もコードバンやブライドルをはじめとして、豊富に揃えてあるのが特徴。
またラウンドファスナータイプや二つ折りタイプなどバリエーションも豊かです。

 

ハンドメイドのため、狙った財布が入荷待ちのこともしばしばあり、そこだけがネック。
全ての要素が高い水準でまとまっているショップと思います。

 

→ココマイスターの長財布一覧ページはこちら

 

グレンチェック


「グレンチェック」は数多くの革アイテムを取り揃えたショップで、革好きの人たちの中ではもはや定番にもなっていますね。

 

特徴は、本場の皮革を使ったバリエーション豊富な財布の数々。そしてなんと言ってもその価格です!

 

本革を使った長財布と言えば、どうしても手の届かないイメージがありますが、グレンチェックでは一定のクオリティを維持したまま、破格の安さを誇っています。

 

革財布を初めて持つ人や、どんなものが良いか分からない、という人は、
まず手始めにグレンチェックを見てみるのもいいかもしれません。

 

→グレンチェックの長財布一覧ページはこちら

 

AYAME


天然皮革を使った味わい深い長財布が欲しいなら「AYAME」もチェックしておくべきでしょう。

 

本場イタリアにも工房をもつ革ブランドで、シボ感の溢れるミネルバボックス、滑らかな手触りが特徴のミネルバリスシオを主力とした作品群を輩出しています。

 

まだ長財布のバリエーションは少ないものの、革の温かみを感じることができるブランドとして、多くの人の目に留まっているようです。

 

→AYAMEの長財布一覧ページはこちら

 

 

イチオシの財布ランキングBEST5

 

ショップ単位ではなく、「今実際に人気がある長財布はどれなのか?」を、
わかりやすくBEST5にまとめてみました。

 

それぞれの財布ごとに、

 

  • どんな年代層に人気なのか?
  • どんな仕事の人に人気なのか?

 

も書いたので、財布選びの参考にしてもらえればと思います。

 

圧倒的すぎる人気!コードバン長財布

 

やっぱり圧倒的に人気が高いのは、ビジネスにもカジュアルにも使えて、さらに知名度もバツグンのコードバン長財布!

 

表面に使われたコードバンは、選び抜かれた国産のものを使用しています。欧州にもひけを取らないといわれる国産コードバンは、誰が見ても一流と分かるほど美しいツヤを持ちます。

 

また色のコントラストが美しい内面には、欧州ヌメ革を使用。カチッとしたシルエットと美しい対比を魅せる色合いは、どんなシーンにもよく似合いそうですね。

 

ただし注意点として、人気があり過ぎる上に少量生産なので、
頻繁に品切れになってしまうという欠点もあり。

 

定期的に再入荷はするので、欲しい人は入荷したらすぐチェックしましょう!

 

タイプ別のコードバン長財布一覧
→ラウンドファスナータイプ
→スタンダードタイプ(薄型)
→札入れタイプ(小銭入れ無し)

 

女子好感度高し!編み込みタイプの長財布

 

最近男性にも女性にも、すごく人気が高いのが、細い革を丁寧に織り込んだタイプの長財布です。

 

繊細で柔らかい印象を与える見た目は、オフスタイルにぴったり。ラフスタイルがOKの職場なら、普段使いもできる長財布です。

 

こういった革を織り込んだ長財布は、昔から年配層に人気があったのですが、最近では若い人の購入も増えているとか。ゆったりとしたファッションに自然にフィットするのでおすすめです!

 

ちょっと堅めのビジネスシーンでは使いにくいかもしれませんが、
プライベートで持てば、女性からの好感度も確実にアップするはず。

 

使い込んだときのエイジングも楽しめるので、革好きも必見です!

 

タイプ別の編み込み型長財布一覧
→ラウンドファスナータイプ
→スタンダードタイプ

 

定番人気の安心感!ブライドルレザー長財布

 

ビジネスマンを中心に、注目を集めているのが、英国紳士御用達のブライドルレザーの長財布です。

 

しっかりした革感と堅牢な手触り、そして奥行きのあるツヤを持つ高級皮革の代表格。その見た目から年齢層を問わず、ビジネスマンから高い評価を受けています。

 

パーティーシーンなどにも持っていけるラグジュアリーな雰囲気を持っているので、人の目に留まっても一目置かれるほど頼れる相棒になってくれるでしょう。

 

ゆったりした革の長財布もいいものですが、
やっぱり男ならば、こうした硬派な革を使いこなしてこそ一人前というもの。

 

自分の格をワンランクアップさせてくれるかもしれない、そんな期待も持てる財布です。

 

タイプ別のブライドルレザー長財布一覧
→ラウンドファスナータイプ
→スタンダードタイプ
→スタンダードタイプ(薄型)
→札入れタイプ(小銭入れ無し)

 

男らしさが欲しい人は!ナポレオンカーフ長財布

 

一風変わった珍しい革財布が欲しい、という個性的な人には、ナポレオンカーフがおすすめ!

 

ナポレオンカーフは、日本ではあまり流通していない珍しい皮革。革の銀面を起毛させて、エイジングを早めると同時に独特の風貌を持たせているのが特徴です。

 

素材にあわせた個性溢れるデザインも秀逸で、エイジングが始まり、飴色になった表情はアウトローな雰囲気すら漂わせます。

 

ビジネス使いはちょっと難しいかもしれませんが、
男らしいラフスタイルに合わせて使えば、抜群のアクセントになりそうです。

 

タイプ別のナポレオンカーフ長財布一覧
→ラウンドファスナータイプ
→スタンダードタイプ
→個性派三つ折りタイプ

 

長くエイジングを楽しみたい人は!マットーネ長財布

 

シンプルで万能、スタンダードな革財布を語るなら、やっぱりマットーネはハズせません!

 

シボ感のある銀面や、柔らかく手に馴染む質感、そしてしっかりと重みのあるエイジングが楽しめるマットーネは、定番にして革の代名詞のような存在です。

 

革を持つという楽しみが体感できるこの皮革は、20代から60代まで、革を愛する人に幅広く愛されているのが特徴です。

 

まさに革の長財布というシンプルなシルエットも、
ビジネス、プライベートとシーンを問わずに使える汎用性の高いもの。

 

革好きなら1本は持っておきたいマストアイテムですね。

 

タイプ別のマットーネ長財布一覧
→ラウンドファスナータイプ
→スタンダードタイプ

 

 

なぜ今長財布が男性のあいだで人気なのか?

 

「余裕ある大人の男性」をアピールできる

 

2つ折り財布のように折りたたむ必要のない長財布。
収納できるお札の枚数は、2つ折り財布とは比較にならず、100枚以上が収納できるものも多いです。

 

それだけに長財布を持っていると、「お金をたくさん持っている人」という印象をアピールできることになります。

 

多くの男性が30代以降に長財布を持つようになるのは、これが最大の理由だと思います。

 

お札を取り出す動作がエレガント

 

折りたたんだ2つ折り財布を開き、そこからお金を取り出す動作はどうしてもみみっちく見えてしまいがち。

 

それに対して長財布にまっすぐに入れたお札を取り出す動作はエレガントに見えます。

 

カードや小銭の収納力が高い

 

2つ折り財布には、カードは5枚くらいしか入らず、小銭入れも小さいです。
でも「カードをもっと入れたい」「小さい小銭入れは使いにくい」と思う人も多いはず。

 

その点長財布の場合には、カードは10枚前後は入るのが普通です。
小銭入れも大型で、小銭が取り出しやすくなっています。

 

薄く大型なのでスーツの内ポケットにすっぽり収まる

 

折りたたむ必要がない長財布は、2つ折り財布にくらべて薄く、また大型となる長財布。
そのためスーツのポケットにすっぽり収まり、また取り出しやすいのが特徴です。

 

厚い財布を内ポケットに入れると、スーツのシルエットが崩れます。

 

またコンパクトになる2つ折り財布を内ポケットに入れるとポケットの底に沈み、
取り出すのに手をポケットの奥まで入れないといけなくなります。

 

 

長財布を選ぶポイントは?

 

革素材にはこだわろう

 

長財布を選ぶ最大のポイントは、やはり革素材。
高級素材をきちんと使ったものを選ぶと、「大人の余裕」がかもし出されることになります。

 

革素材は大きく分けると、スーツなどフォーマルウエアに合うものと、
カジュアルウエアに合うものとがあります。

 

どのようなシーンで使うかを考えた上で選ぶのがおすすめです。

 

フォーマルウエアに合う革素材

コードバンやブライドルレザーなど、美しい光沢があるもの。

 

カジュアルウエアに合う革素材

マットーネやナポレオンカーフなど、やわらかな表情をもち、きれいにエイジングするもの。

 

縫製は日本の技術が世界最高

 

革素材の製造は、やはりイタリアなどヨーロッパが一日の長があります。
しかし財布を縫製し、形にするのは、日本人職人の技術が世界最高といわれています。

 

財布を長く使うためには、素材だけではなく縫製も重要。
そういう意味で、海外産の素材を使い、日本で縫製されたものが品質面で良いといえると思います。

 

ブランドにはこだわらない

 

高級ブランド財布は、たしかに知名度は抜群で、安心感があります。
ただ財布を選ぶ際、安易に高級ブランド品を選ぶのは考えものです。

 

高級ブランド品を選ぶのを慎重にした方がいい理由は?

 

高級ブランドは割高

価格にブランドを維持するための広告宣伝費がのせられますから、
同じ革素材、製造方法だと高級ブランドは割高です。

 

男性からのウケが悪い

男性は他の男性が高級ブランド品を持っているのを「嫌味」と感じることがあるので、
ビジネスシーンでの使用には注意が必要。

 

女性ウケもいいとは限らない

高級ブランド品を好まない女性も多いし、またブランドから勝手なイメージを持たれることもあります。

 

偽物をつかむリスクが高い

ネットで販売されている高級ブランドは多くが偽物だといわれています。

 

他人とかぶりやすい

高級ブランド品は多くの人が同じものを買うので、他人とかぶってしまう可能性が高くなります。

 

 

 

▲ページトップに戻る